忍者ブログ

転職に有利な資格・自分を広げる資格

資格を取得すると転職に有利な場合が多いです。 自分が希望する求人にあった資格を選らんで 転職を有利にすすめたいものです。また趣味や 知見を広げる資格など、面白い話題も発信していきます。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

資格をもって有利な転職:求められる人材もク口ーパル化


自分の頭で考え行動できる人。
求められる人材もク口ーパル化する。

企業の人事が求める人物像は各社共通することが多い。

①基本的な学力、理解力。
②変化する環境で自分の頭で考えて柔軟に対応できる。
③チームプレーができる。

外資系企業の場合、
①楽しく個性的な人。
②創意工夫のある人。
③バランス感覚のある人。
④肉体的・精神的にタフな人。
⑤リーダーシップがある人。

外資系企業の場合、自分の責任範囲を明示され、責任を持って仕事をする。
誰も助けてくれず一人で対応しないので、精神的にも肉体的にもタフさが必要である。
最近の外国企業もチームワークを重視するし、一匹狼よりは他の人とも仲良くやれる人が尊重される。
今の学生は中学、高校時代から、偏差値で判断され、自分の頭で考えたり、自分の好みで判断しない。
勉強も「なぜ」と考えない教育で、理屈抜きで暗記することに徹してきた。

こうした状態で20歳すぎになり、さあ、自分の頭で考えろ、企業が求めているのは「変化する時代に、自分の頭で考えて、柔軟に対応できる人」と言われると、トレーニングはほとんど受けていないので立往生してしまう。
そういうことができる少数の人に企業が群がり、不況の時代でも内定を四社も五社ももらえる。
資格 toeic


つねに問題意識を持って。
生き想像力、発想力を養う。


人事担当者の「どうして当社を受けたの」という質問に対する答えは、世界的な企業でも、ありふれたものになりがち。
「銀行のCDの機械が使いにくいために困っている人をよく見かけます。
楽に操作できるソフトを開発しようと思って受けました」という答え。
実際には、そのようなシステムはそう簡単に実現しない。
しかし、面接の場では、実現性は問題ではない、そのような問題意識を持っていること、ものを見る目があること、発想力があること、が得点とされる。

普段の生活の中で問題意識を持ち、こうしたら解決できるのではないかと考える習慣をつけることが大切。
例えば、「外国からものを輸入したいが、売れそうなものが見当たらない」という話を聞く、実際はそんなことはない。
日本に持ってきたら、ヒットするものはいくらでもある、輸入担当者にそうしたものを見分ける力がないことが問題。
音楽でも伺でも、今流行っているものは何か情報を集め、その理由を自分なりに考えてみる。
こうしたことを普段からすることで、問題意識のスキルは養われる。
通信講座 医療
資格をとって就職! 問題意識・感性豊かな人材になる5つの方法 & トップ商品を持たない中途半端な会社は顧客の支持を得られない

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

TRACKBACK

TrackbackURL

  

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
転職資格てんにょ
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

P R

Copyright ©  -- 転職に有利な資格・自分を広げる資格 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]