忍者ブログ

転職に有利な資格・自分を広げる資格

資格を取得すると転職に有利な場合が多いです。 自分が希望する求人にあった資格を選らんで 転職を有利にすすめたいものです。また趣味や 知見を広げる資格など、面白い話題も発信していきます。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

転職はスカウ卜されてする以外は準備が必要 & 時代の役割を終えた会社


会社を辞めたくなったら一年間辛抱する、円満退社が絶対条件。
会社を何かの理由で辞めたくなった時、嫌なことがあって辞めたくなり、カッとなって辞めたら、準備ができていない。
転職先も思うようなものが見つからない、まずは「一年間、辛抱しなさい」。
いざという時のために、年収分程度の貯金も必要である。
転職はスカウ卜されてする以外は準備が必要、実際に会社を訪問してみると、自分の考えていた仕事と違うこともある。

いくつかの会社に履歴書を出し、面接を受けて、自分が社会でどう評価されているかみてみることも大切である。
面接などで、欠点を指摘されることもある、欠点がわかれば、それを補う努力も必要、勉強には時間がかかる。
一年後に辞めると思えば、上司の嫌がらせも、嫌な仕事も我慢できる。



嫌々仕事をするのと、近く辞めると腹をくくったのでは仕事への気持ちの仕方が違う、結果として転職しないですむこともある。
それでも、次の職も見つかったので転職をする時、会社の辞め方は重要。
その会社で多くの人と付き合い、仕事をしたり、取引をしたりしてきた。
喧嘩状態で会社を辞めると、今までの人脈も失うことになる、ビジネスマンとしては大きなマイナス。
多くの人が送別会をしてくれるような辞め方が理想。
転職者は企業からの脱落者であり、失格者であるというのが、会社にいる人たちの考え方もあるので、よいか悪いかは別として忘れてはいけない。
lpic ccna
ファッションデザイナー資格 & CAD利用技術試験の詳細


メーカー、小売店が独自に力をつけ時代の役割を終えた商社・問屋。
「時代の役割を終えた会社」というのがある。



以前は日本社会の中で役割を持ち、しっかりした活躍の場を持っていたが、今はその存在意義を失っている会社。
商社や問屋は典型的な例となる。
総合商社は、日本の電機メーカーや自動車メーカーがまだ競争力が無い時に、大きな役割を果たした。
輸出入での顧客開拓、ビジネス情報、輸送業務など。
かつてはミサイルからインスタントラーメンまでと言われて、国内外で商品の流通に大きく関与してきた。

しかしメーカーが徐々に競争力や、自らの情報とネットワークを身に付けると、商社の情報や流通の力が不要になる。
日本企業の輸出関連業務などにあまり頼れなくなってきた商社は、第3国の貿易や開発輸入に注力し始めた。
第3国では条件のよい業務はあまりなく、更にアジア危機や日本の不況などもあり、開発輸入は頓挫する場合が多い。
同じく「専門商社」や「問屋」も存在意義が薄れている、多くの分野で商社、問屋の倒産、統廃合が急速に進んでいる。
一方で、商社、問屋でも、業績の良い会社はある。
それらの会社の特徴としては、ある分野に特化し、かつ専門分野でも圧倒的に強い仕組みやシステム、サービスなどを持っている会社である場合が多い。
パソコンスクール 藤沢

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

TRACKBACK

TrackbackURL

  

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
転職資格てんにょ
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

P R

Copyright ©  -- 転職に有利な資格・自分を広げる資格 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]